「拉致被害者帰国で見えた拉致問題の真相-家族全員帰国のために今求められるもの-」 サンデープロジェクト

Title:「拉致被害者帰国で見えた拉致問題の真相-家族全員帰国のために今求められるもの-」

Series: 日本テレビ「サンデープロジェクト」

Release Date: 2002/10/20

10月15日、北朝鮮が「生存」と発表した拉致被害者が帰国し17日から故郷に里帰りした。涙、笑い、予想以上に豊かな表情を見せる5人だが、「死亡」とされる被害者のことになるととたんに口が重くなったという。その中で、なぜか横田めぐみさんに関してだけは全員が具体的な情報を語っている。5人の語る内容から何が見えてくるのか、そして彼らがなぜすべてを話せないのかを検証する。一方、北朝鮮の信頼すべき情報筋から「死亡」とされた8人についての注目すべき情報がもたらされた。
◆拉致被害者がそれぞれのふるさとに帰った17日、1978年夏に鹿児島県で失踪した増元るみ子さんのお父さん正一さんが79歳で逝去されました。正一さんは、4人兄弟の3番目のるみ子さんを一番かわいがっていたそうです。娘に一目会いたいと24年間待ちつづけてきましたが、その願いはかなえられませんでした。どれほど無念だったことでしょう。心よりご冥福をお祈り致します。◆

Posted in archives.