「小児救急医療が危ない!-見過ごされたインフルエンザ脳症-」 スーパーニュース

Title:  「小児救急医療が危ない!-見過ごされたインフルエンザ脳症-」

Series: フジテレビ系列  スーパーニュース

Release Date: 2003/01/17

いま、小児医療の現場で多くの事故が起こっている。インフルエンザ脳症で亡くなった4歳の女児、重い後遺症で寝たきりになった6歳の女児。相次ぐ子どもたちの犠牲のなかから、小児救急医療の危ない実態が浮かび上がってきた。医師たちはなぜ、子どもの症状を見抜けず、危ないクスリを平気で処方するのか。小児科医が慢性的に不足しているうえ、小児救急の教育システムの問題などもあり、医療の質に大きな差が生じているという。

Posted in archives.