「北朝鮮から流出した謎の日本語テープ-声の主は、拉致被害者なのか!?-」 報道特集

Title:  「北朝鮮から流出した謎の日本語テープ-声の主は、拉致被害者なのか!?-」

Series: TBS系列  報道特集

Release Date: 2004/12/26

ジン・ネットは北朝鮮から流出した一本の音声テープを入手した。日本人と思われる女性の金日成を称える日本語の声が録音されている。声の主はいったい誰なのか。イントネーションや発音の特徴から、出身地が新潟市、佐渡、福井市、九州、北関東である可能性が高いことが判明。声の特徴は遺伝するため、拉致被害者家族の声が重要な手がかりとなる。特定失踪者問題調査会の協力を得て、拉致被害者と特定失踪者の家族の声を収録、武蔵工業大学で分析した。声帯の震えを比べると、声の主が、「増元るみ子さんである可能性が捨てきれない」という結果が出た。
北朝鮮側が発表した増元るみ子さんの死亡日時は1981年8月17日、しかし、この声が録音された時期は、1996年以降であることが判明した。

Posted in archives.