「自衛隊緊急報告とアメリカ-独占!ケイ前団長が語る“失われた大義”-」 サンデープロジェクト

Title:  「自衛隊緊急報告とアメリカ-独占!ケイ前団長が語る“失われた大義”-」

Series:テレビ朝日系列  サンデープロジェクト

Release Date: 2004/02/29

サマワで自衛隊が活動を開始したが、イラク情勢はますます緊迫の度を増している。ジン・ネット取材班は、最も危険といわれるスンニ・トライアングルへと潜入した。行く先々で遭遇するテロと戦闘。反米勢力の牙城ファルージャの男は「サマワまで日本の軍隊を攻撃に行く」と脅しをかけてきた。現地で医療支援にあたる日本のNGOは「自衛隊が来たことでNGOが標的になるのでは」と心配する。スタジオにはジン・ネットと取材をともにしたフォト・ジャーナリストの桃井和馬氏が出演、イラク最新情勢を報告する。
一方アメリカでは先月、CIAの「大量破壊兵器調査団」デビッド・ケイ前団長が「大量破壊兵器はなかったし、今後も見つからないだろう」と公聴会で爆弾証言。また、パウエル国務長官の元側近ティールマン氏が、パウエルが国連で挙げたイラクの大量破壊兵器開発の証拠はウソだったと暴露、世界に衝撃を与えている。ジン・ネットは渦中の両氏を単独インタビューした。さらに、昨年末ブッシュ政権を辞任したオニール元財務長官が、「ブッシュ政権は9.11のはるか前、政権発足直後からイラク戦争を計画していた」と証言。ついに元閣僚が告発をはじめた。激しくゆれる『戦争の大義』をアメリカ現地で徹底追及する。

Posted in archives.