「心臓移植から一年-社会復帰への道のり-」 スーパーニュースアンカー

Title:  「心臓移植から一年-社会復帰への道のり-」

Series: 関西テレビ  スーパーニュースアンカー

Release Date: 2006/04/14

39歳の平美樹さんはこの春、身障者が学ぶ職業訓練学校に入学することが決まった。彼女は20年におよぶ闘病生活を経て、一年前に心臓移植手術を受けた。移植で授かった新しい命を、移植希望者の仲間のために役立てたいと美樹さんは決意している。日本で移植が進むよう、精力的にドナー(臓器提供者)を増やす活動も行なっている。国内でドナーが現れないため、美樹さんはアメリカへと渡航しなくてはならなかったからだ。
日本では、臓器移植法が施行されてから7年もたつのに、ドナーが少ないため心臓移植はなかなか進まず、4人に3人が移植せずに亡くなり、多くは登録さえあきらめて亡くなっているのが現状だ。
カメラは、去年アメリカでの渡航手術に踏み切った美樹さんに密着。渡航前の苦悩から移植手術の現場、そしてリハビリから社会復帰への美樹さんのたどった道のりを描く。(お断り-この番組は関西地方でしか放送されません)

Posted in archives.