「どうなる難病支援」 ニュースZERO

どうなる難病支援
日本テレビ「ニュースZERO」
 2013/12/11 23:00

国の難病制度が、1972年の制定からおよそ40年になる今、大きく変わろうとしている。改革案では、医療費助成の対象となる病気が現在の56から300に広がる見通しだ。ただし、「患者数が人口の0.1%程度以下の病気に限る」定義が出されている。例えば今は難病に指定されている「潰瘍性大腸炎」の患者数は13万人、人口の約0.1%だ。難病指定からはずれると薬などの自己負担額が膨らみ、生活できない人が出てくる。0.1%のボーダーラインにある患者の実態を取材した。

Posted in archives.