「生活保護費引き揚げの裏で・・・」 真相報道バンキシャ!

どうなる難病支援

 2013/10/06

政府は、5年に一度の生活保護費の見直しで、最大10%、平均6.5%の削減を決めた。
中部地方のシングルマザー鈴木さん。メニエル病で仕事はおろか家事もできない。4人の子どもを女手一つで育て、上の二人の息子は給付型奨学金を受けて大学に寮から通う。鈴木さんは、中学卒業後調理師の専門学校に通う長女と小学生の次女と3人で家賃2万円の市営住宅に暮らす。綿が飛び出した布団を使うぎりぎりの節約生活。生活保護費の削減で、これまでもらっていた22万7千円が段階的に20万9千円に減らされる。これでは長女の授業料5万円が払えなくなる・・・生活保護受給者の実態を取材した。

Posted in archives.