夢の扉+ 「日本のインフラを変える!? 長寿命の“次世代コンクリート”開発」

日本のインフラを変える!? 長寿命の“次世代コンクリート”開発
 TBS系列 夢の扉+  
 2013/06/16

大分工業高等専門学校 都市・環境工学科 教授 一宮一夫
高度経済成長期につくられた道路や橋など、社会インフラの“老朽化問題”・・。
中でも、身近にある下水道管に起因する道路陥没は、年間約4700件も発生している。原因の一つは、下水から発生する酸が、コンクリート製の下水管を劣化させたこと。従来のコンクリートは、酸に弱いという弱点があるのだ。
そんな足元に迫る危機に立ち向かおうと、酸に強く“劣化しない”次世代のコンクリート『ジオポリマー』開発に挑むのが、コンクリート研究27年、大分高専の熱血教師、一宮一夫。そのパートナーは、一宮のもとで学ぶ学生たちだ。

Posted in archives.