テレメンタリー 「同志は『スパイ』だったのか-ミャンマー民主化運動『粛清事件』21年目の真実」

同志は『スパイ』だったのか-ミャンマー民主化運動『粛清事件』21年目の真実
テレビ朝日系列  テレメンタリー
 2013/04/22 

民主化が進むミャンマー。その一方で、これまで語られてこなかった民主化闘争の暗部も露呈してきた。
民主化勢力の内部で、多くの同志を「スパイ」として拷問し処刑したというのだ。
「自由」という高い理想を掲げながら、血なまぐさい「粛清」が行われたのはなぜか。
21年前、「粛清」の現場を取材した一人の記者(ジン・ネット代表、高世)が、その真相を探るべく再びミャンマーに向かった。
【放送時間】
テレビ朝日は4月22日(月)27時10分(=23日早朝3時10分)から30分。なお、テレメンタリーの放送時間は系列局ごとに違い、例えば、朝日放送(大阪)はもっと早く、21日(日)午前6時20分からになります。以下HPでご確認ください。
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/contents/broadcast/index.html

Posted in archives.