「介護保険法の見直しと和光市の取り組み」 ACTION特番


日本テレビ系列  ACTION特番
 2010/12/23

東京足立区の介護施設。寶積(ほうせき)ハツさん(88)は、認知症の夫、文雄さんとこの施設を利用している。自宅介護で体調を崩したハツさんだが、施設を利用するようになって負担が減り、友達もできた。だが、先月末、政府が示した介護保険法の見直しの方向性は、介護サービスを減らし利用料を上げるものだった。試算では、ハツさんの年金生活を直撃することになる。全国で反対の声が上がると、財源確保の見通しがないまま、政府は見直しを撤回した。
独自の取り組みで、介護保険利用者の数を増やさない、和光市の取り組みを追った。さらに進む高齢化のなか、地域の力も問われている。

Posted in archives.