「介護 家族介護の限界」 特番ACTION


日本テレビ系列  特番ACTION
 2010/04/29 

東京・大田区の中山美智子さん(65)の朝は、寝たきりの母親のフミさん(92)の介護で始まる。食事から下の世話まで生活のすべてを看ている。美智子さんは55歳の時、母親が認知症となり退職せざるを得なかった。その後、父の藤蔵さん(96)も認知症を発症。美智子さんは、介護が必要な親二人を抱え、肉体的にも精神的にも限界だ。  フミさんを特養(特別養護老人ホーム)に入居させたいと5年前から申し込んでいるが入れるめどは立たない。特養への入居を待つ人は全国で42万人にのぼる。介護保険が始まって10年。家族は、いまだ介護の重圧の下にある。(介護特集は、特番放送枠の最初の方です)

Posted in archives.