「介護 家族にのしかかる負担-ACTION特集-」 NEWS ZERO


日本テレビ「ニュースZERO」
 2010/04/26 23:00

京都に住む富田秀信さん(59)は若年性認知症の妻、千代野さんを介護しながら旅行会社に勤務している。千代野さんは、最も手厚い介護が受けられる要介護5。しかし富田さんは5時間勤務にしてもらっても、なお介護と仕事の両立が困難だという。 2000年に始まった介護保険は、家族を介護の重荷から解放するのが狙いだった。それから十年。今も家族は悲鳴をあげ続けている。家族の介護を理由に仕事を辞める人は年々増え2007年には14万人を突破した。家族の介護の現場にカメラが密着した。

Posted in archives.