「『均等待遇』阻む壁-消えた「同一価値労働同一賃金」原則-」 サンデープロジェクト


テレビ朝日系列「サンデープロジェクト」
 2010/03/14 

今国会に派遣法改正案が提出されようとしている、だが、これだけでは、派遣、パートなど非正規への差別構造は変わらない。欧州では、正規労働者もパートも、時間あたりの賃金や手当は同じで、年金や休暇なども勤務日数に応じて比例配分されている。「同一価値労働同一賃金」の原則だ。実はこの原則が日本でも定められる可能性はあった。日本の法律から同一賃金原則が消えたのはなぜか?連合と彼らが支持する民主党政権は、広がる格差にどう対応しようとするのか?
スタジオ解説は、ジャーナリストの内田誠氏。

Posted in archives.