「激動!世紀の大事件-証言者たちが明かす全真相」 フジテレビ開局50周年開局特別企画

激動!世紀の大事件-証言者たちが明かす全真相
 フジテレビ系列  フジテレビ開局50周年開局特別企画
 2009/03/01 

1985年夏、羽田発大阪行きの日航機123便が御巣鷹山の尾根に墜落。わが国の航空史上、未曾有の大惨事だった。機体は粉々で、ちぎれた人の体が散乱する凄惨な現場。乗客524名は全員絶望かと思われた。そのとき、「現場に生存者がいました」といち早く救出の模様を生中継で報じたのがフジテレビだった。このスクープはいかにして可能になったのか、当事者の証言で当時をたどった。
(ジン・ネットは「日航機123便事故、現場中継の真相」のコーナーを制作協力しています。番組のサイトは、http://wwwz.fujitv.co.jp/news50/index.html)

Posted in archives.