「オバマが抱える“内なる敵”-ヒラリー支持票の行方-」 サンデープロジェクト


日本テレビ「サンデープロジェクト」
 2008/10/26 

大統領選挙は11月4日に迫った。ブッシュ政権の失点で、圧倒的に優勢のはずのオバマ陣営だが、意外に支持が伸びないのはなぜか。そこには民主党予備選で敗れたヒラリーの影があった。ヒラリーが8年かけて培った「脱リベラル」戦略で獲得した「リベラル嫌い」がオバマ支持を拒否しているという。東海岸のある町では、「マケイン支持の民主党員」なる組織が立ちあがった。そこに劣勢の共和党が副大統領候補に無名のペイリンを立てるというサプライズを仕掛け、形勢を逆転。ペイリンの正体を取材すべく取材班は故郷のアラスカへ。そこには、キリスト教原理主義に支えられた彼女の過去があった。
スタジオ解説はジャーナリストの小西克哉氏。

Posted in archives.