「プーチン王朝誕生の闇」 報道ステーション

プーチン王朝誕生の闇
テレビ朝日系列 報道ステーション
 2008/07/24 

無名だったプーチン氏が首相に抜擢された99年、高層アパートが連続的に爆破されるという不可解な事件が起きる。プーチン首相はチェチェン人のしわざと断定、独立を目指すチェチェン共和国に猛攻撃を加えた。「強きリーダー」として人気が急上昇したプーチン氏は、翌年の大統領選挙で圧勝する。 だが爆破事件は謀略だったと告発したのが、元KGB工作員リトビネンコ氏。ロンドンに亡命した彼は、二年前、放射性物質で暗殺された。彼の妻マリーナが我々に託したキーワード「リャザン」とは?疑惑を追及した記者が数多く命を落とす中、取材班は現地に潜入し、ロシア最大のタブーに挑んだ。

Posted in archives.