「命のリレー 心のリレー-渡航移植に揺れる心臓病患者たち-」 NONFIX ATP(全日本テレビ番組製作社連盟)テレビグランプリ「ドキュメンタリー部門」優秀賞受賞

命のリレー 心のリレー-渡航移植に揺れる心臓病患者たち-

フジテレビ NONFIX
 2008/06/18 

臓器移植法が施行されて今年で11年目。しかし、今までに国内の心臓移植はわずか54件にとどまっています。一方、待機中に亡くなった患者は108人に上ります。さらに、心臓移植の登録さえ諦め、亡くなっていく患者は四千人以上いると言われています。心臓移植待機患者の「生きたい」という願いを叶えるには、海外で移植を受けるしかありません。
国内で心臓移植を待つ間に、体調を悪化させた、平美樹さんは、2004年、アメリカでの移植を決意します。彼女の闘病記を綴ったホームページを見た、同じように重い心臓病を抱えた江田果瑠奈さん、松永真和さんの二人は、日記の内容に勇気付けられ、三人のメールでの交流が始まりました。心臓病と闘う同じ絆で結ばれ、お互いに励ましあう三人。体調が悪くなる中で、海外での移植に揺れる心臓病患者の心のうちを追いました。

Posted in archives.