「いのちの地球-いまそこにある50の危機-エネルギー政策の矛盾・アマゾンの奥地で知った真実-」 環境特番


 TBS系列  環境特番
 2008/04/02 

アメリカ・ブッシュ政権が推し進めたバイオエタノール政策。環境に良い、と言われているバイオエタノール政策がもたらしたのは、貴重なアマゾンの森林が伐採されるという矛盾でした。
俳優・宍戸開が目指したのは、これまで日本のテレビ局が入ったことのない、ブラジル・アマゾンの奥地、開発の最前線です。
そこには環境保護の矛盾にさらされている部族がいました。そして、その子供たちは広がる大豆畑が及ぼす水質汚染によって、健康被害をおこしかねない川の水を飲んでいます。
宍戸は「地球の反対側で、自然と共に暮らしながらも、止まらない環境破壊と共存しようとするシャバンテ族のたくましさを感じました。」
取材班は雨季のアマゾンを3週間かけて横断、宍戸が地元民族に密着し、肌の触れ合いを感じる取材が見所です。

Posted in archives.