「幼い娼婦たちを救い出せ-ソマリー・マムの戦い-」 ニュース23


TBS系列  ニュース23
 2008/01/29 

2006年に開催されたトリノオリンピック。五輪旗の旗手には、女優のソフィア・ローレンさんをはじめ、世界で活躍する女性たちが選ばれた。その中で、アジアから唯一選ばれたのが人権活動家のソマリー・マムさんだ。彼女は幼い時、プノンペンの売春宿に売られ、娼婦として強制的に働かされていたという。その後、救出されたマムさんは、売春組織に捕らえられている女性や少女たちを救出し、被害者の医療的なケア、社会復帰を目指すセンターを設立した。その彼女が先週、初来日した。彼女のカンボジアでの活動と、日本での講演会の様子を追った。

Posted in archives.