「砲火の果てに-富士総合火力演習に参加した家族の肖像」 きょうの出来事


日本テレビ系列  きょうの出来事
 1999/09/22

年間最大の実弾訓練、富士総合火力演習。この演習に参加する、親子2代にわたる自衛官に密着。父は演習場の中でも最も危険な射撃場の責任者だ。そして、息子は155ミリ自走りゅう弾砲部隊に所属、100%の命中精度を要求される照準士。18日間に渡る演習の親子を姿を追う。

Posted in archives.