「虐殺の法則-カンボジア大虐殺20年目の真実-」 サンデープロジェクト


日本テレビ「サンデープロジェクト」
 1999/08/15

1975年からわずか4年足らずの間に170万人もの人々を死に至らしめた恐怖のポル・ポト時代。その時代の検証はこれまで十分に行われてはこなかった。
しかし、昨年4月のポル・ポトの死が、新たな状況を生み出した。相次ぐポル・ポト派兵士の政府への投降・帰順。その中にはかつての同派最高幹部らも名を連ねている。
同じ民族同士がこれだけ短期間にこれ程の人数を虐殺した例は、歴史に類を見ない。人間はなぜ人間を殺すことができるのか。人の持つ「性」、「組織」の持つ病理の実態を、トゥールスレン政治犯収容所の膨大な処刑の記録や新たに発見された内部文書、虐殺当事者のインタビューなどを通じて、徹底検証する。

Posted in archives.