「追跡第2弾!病院へ行けない-国民健康保険の危機と構造改革-」 サンデープロジェクト


テレビ朝日系列「サンデープロジェクト」
 2001/11/18 

今年の3月、北九州市の病院へ一人の女性が運び込まれた。彼女の身体は、バセドウ病、糖尿病、胃潰瘍を患い全身ぼろぼろの状態であった。彼女は治療の甲斐も無く3日後亡くなった。実は彼女は保険証をもっておらず、病院で治療を受けることができなかったのだ。介護保険実施に伴い、今年度から国民健康保険料の滞納者に対する保険証取り上げが義務化された。保険証を取上げられた被保険者たちはどのような状況におかれているのか。保険証取り上げにより、「国民皆保険制度」はどうなってしまうのか。危機に陥っている国民健康保険制度の最前線を取材した。

Posted in archives.