カンブリア宮殿「常識をくつがえすサービスで地元が活性化!元官僚が挑む!信用金庫のサバイバル経営」城北信用金庫 理事長 大前孝太郎

Title: 「常識をくつがえすサービスで地元が活性化!元官僚が挑む!
信用金庫のサバイバル経営」 城北信用金庫 理事長 大前孝太郎
Series:テレビ東京「カンブリア宮殿」
Release Date:8月3日(木)午後10時~10時54分
Link: http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

東京都北部の赤羽や王子といった庶民的な街を中心に展開する地元密着の金融機関、城北信用金庫。
超低金利時代で金融業界に逆風が吹く中、金融の枠を超えたユニークな取り組みを次々と打ち出し、地元の中小企業や住民から絶大な信頼を置かれている。メガバンクとも地銀とも違う独自のサービスで地元の活性化に貢献。その旗振り役が、理事長の大前孝太郎。
元官僚で大学准教授と異色の経歴を持ち、型破りな発想と行動力で、地域を潤す新たな信用金庫のあり方を築き始めている。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

NHK World “Side by Side”シルクロードの養蚕業を復活させる~ウズベキスタン

Title: シルクロードの養蚕業を復活させる~ウズベキスタン     Riviving Silk Road Sericulture -Uzbekistan-」
Series: NHK–BS1 Side by Side
Release Date: 2017年7月12日~
Link: http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/sidebyside/ 

NHKワールドの英語放送“Side by Side”で7月12日から1週間無料ネット配信されます
BS1も717日午前3:30-4:00放送されます 

古代シルクロードの中継地として数千年の歴史を持つウズべキスタン。しかし旧ソ連崩壊後、養蚕の技術的進歩が停滞し、国際競争力のある生糸を製造できていない。そこで、高品質な日本の繭をウズベキスタンに導入し養蚕業を復興させ、農家の収入安定に寄与したいと立ち上がったのが東京農工大学・飯久保誠さんと川端良子さん。2009年から飯久保さんは「日本の蚕」の試験飼育に取り組む。東部フェルガナ州での飼育に成功し養蚕農家の収入も20%向上した。次は全土に広げるべく、最も過酷な気候の西部ホレズム州で日本の蚕の飼育に挑戦する。一方、川端さんは「絹製品を開発」し、養蚕業の最終品である生糸にさらに付加価値をつける取り組みを行っている。川端さんが目をつけたのはカラフルなウズベキスタン伝統の絹織物アトラス。世界遺産の街・ヒヴァでアトラス製品の制作・販売をするアンテナショップを開店。また家事や育児で働けない農村部の婦女子を対象にアトラス製品作りのワークショップを開催。現金収入の手立てを示して女性たちの自立を目指す。ウズベキスタンの養蚕復興を目指す東京農工大の活動を追った。

 

「北朝鮮ICBM発射で緊迫か…軍事境界線で見た驚きの実態とは」 Mrサンデー 

Title: 緊迫の北朝鮮・・・DMZ列車は行く
Series: フジTV「MRサンデー」
Release Date:2017年7月9日(日) (夜10時15分~11時30分)
Link:

 

北朝鮮は、7月4日に打ち上げたミサイルが大陸間弾道弾(ICBM)だったと「特別重大放送」。
取材班は急遽、北朝鮮と対峙するDMZ(非武装地帯)へと向かった。DMZには、北朝鮮が密かに韓国に軍隊を送り込むために掘った「トンネル」や地雷原、北朝鮮の国旗が見える展望台などがある。さぞ緊迫しているだろうと思いきや、そこは各国からの観光客が押し寄せる人気スポットになっていた。いったいなぜ?

BS-TBS ”夢の鍵” 「視線で動かせる意思伝達装置」

 Title: 視線で動かせる意思伝達装置
Series: BS-TBS 「夢の鍵」
Release Date: 7月1日(土)午後5時30分~6時

Link: http://www.bs-tbs.co.jp/news/yumenokagi/

 吉藤健太朗(よしふじけんたろう)さんといえば、フォーブス誌が選ぶ「アジアを代表する30歳以下の30人」にも選ばれた有名なクリエイターだ。子供の頃は不登校に悩み、登校できたとしても保健室に行くことが多かった。そんな吉藤さんの名が世間から一躍脚光を浴びたのは、4年前に完成した分身ロボット「オリヒメ」だった。この「オリヒメ」を自分の行きたい場所に運べば、どんなに離れた場所であろうと相手と会話ができるうえ、向こうの様子も手に取るようにわかる。喜びや悲しみのパフォーマンスも分身ロボットが自分の代わりに自己表現をしてくれる。吉藤さんは自らの経験を踏まえ、会えない人と人をつなぎ、孤独を解消することにこだわり完成させたのだった。

吉藤さんが今、この「オリヒメ」をさらに進化させようと、新たなツールを開発した。

「オリヒメアイ」という意思伝達装置だ。この装置によって、全身の筋肉が衰え動けなくなるALS患者も自らの視線の動きだけで、オリヒメを動かし、コミュニケーションを図れるという。吉藤さんがこだわったのは例え病気であっても自分で自分の意思を相手に伝えられるようにすることだ。果たして、その実力は…。

NHK World”Risng” ロボットと人工知能が切り開く農業の未来~オプティム社長 菅谷俊二~  

Title: ロボットと人工知能が切り開く農業の未来~オプティム社長 菅谷俊二
Series: NHK–BS1
Release Date: 6月8日(月)
Link: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/201706010600/

人工知能やロボットを使い未来型の農業を目指す会社がある。社長の菅谷俊二(すがや・しゅんじ)は大学在学中にITベンチャーを起業。今、このIT技術で挑んでいるのが農業改革だ。
日本は農家の高齢化や後継者不足など多くの問題を抱えている。
この問題に人工知能を搭載したドローンやロボットで労働時間の短縮や労力の軽減を実現し、ビッグデータで営農管理のソリューションを起こそうとしている。
最先端技術で農業や漁業の未来を切り開く、菅谷たち若い技術者の挑戦を伝える。

森本喜久男『自由に生きていいんだよ お金にしばられずに生きる”奇跡の村”へようこそ』好評発売中

2017年4月9日の「情熱大陸」の主人公、森本喜久男(テキスタイル・デザイナー)が語る人生哲学を、ジン・ネット代表の高世仁が、カンボジアの村「伝統の森」で、6日間にわたってインタビューした本です。

「“伝統の森”までやってきた日本の若者たちと話をしていると、その多くが今の時代に何かしら疑問を持ち、迷い悩んでいるように見える。そんな彼ら彼女らを見ていて、思うところがある。いま、時代は大きな転換点にさしかかっている。迷うのは当然だ。これまでの常識が通用しないから、若い人たちは試練に直面すると思う。そんな彼らに僕の得たものを少しでも伝えて、力づけたいんだ」(森本)

2017年3月に旬報社より発売

情熱大陸「テキスタイルデザイナー 森本喜久男」

Title:テキスタイルデザイナー森本喜久男~余命宣告された京友禅職人がカンボジアに作った世界一の“織物の村”。美しき糸と村人が織り成す奇跡の“祭り”にカメラが密着!
Series:毎日放送「情熱大陸」
Release Date:4月9日(日)よる11時~11時30分

Link: http://www.mbs.jp/jounetsu/

アンコールワット近くの田舎に、世界でも稀な“織物の村”がある。豊かな森で得られる天然染料を使い、養蚕から染め、織りまですべて手作業でつくられる絹絣(きぬがすり)は世界最高級と評されているが、実は約14年前、荒地だったこの場所を開墾して村を創ったのが、京都の友禅職人だった森本喜久男だ。

カンボジアの伝統的な絹織物に魅了された森本は、長い内戦で途絶えかけていた伝統のシルクの絣(かすり)を復活させようと決意。半生をかけて布づくりを再興させた。

森本はいま、がんで余命を宣告されている。折りしも村では年に一度の「蚕まつり」の季節。祭りでは村で織られた布を村人自らがまとって発表するファッションショーが行われる。もしかして、これが自らの集大成になるかもしれないと思う森本。祭りに向け、彼が元気になるようにと心を込めて布を織る女性たち。果たしてどんな祭りになるのか。森本と村人たちとの濃密な時間をカメラが追った。

NHK World “Side by Side”日本の消防・救命技術をカンボジアに!~カンボジアで初の防災消防学校開校~

Title: 日本の消防・救命技術をカンボジアに!~カンボジアで初の防災消防学校開校~
Series: NHK–BS1
Release Date: 3月12日
Link: http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/sidebyside/

「救える命を一人でも多く、日本の消防救命技術で救いたい」その思いから、神戸市消防局の元消防士・正井潔さんが呼びかけ、2005年にNPO日本国際救急救助技術支援会(JPR)が設立された。JPRは、日本各地の消防署から退役する救急車や消防車を譲り受け、カンボジアに送る活動や消防・救命技術の指導を行っている。カンボジアは1970年から20年余り続いた内戦により消防隊が壊滅、今も軍や警察が消防活動を兼務している。
しかし専門的な訓練を受けてなく、装備も遅れているのが現状だ。
JPRは7年前からプノンペンの711部隊の人材育成を目的に技術指導に取り組んでいる。
40人の隊員は、日本式の高度な技術を学び、大きく成長。
そして、JPRはカンボジア政府や軍と連携して去年12月、カンボジアで初めとなる防災消防学校の開校した。
今後はカンボジア人の指導官が、将来にわたり日本の技術を受け継ぎ、隊員の技術の向上を目指していく。
JPRの活動とカンボジアの協力を描き、人命を救う活動に奮闘する隊員達に密着する。

カンブリア宮殿「1食20円の寄付が途上国の給食に!肥満と飢餓の解消へ!日本発の社会事業」

Title:「1食20円の寄付が途上国の給食に!肥満と飢餓の解消へ!日本発の社会事業」
Series:テレビ東京「カンブリア宮殿」
Release Date:2月2日(木)午後9時54分~10時54分

Link: http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

開発途上国では約10億人が食糧不足で飢餓に苦しむ一方、先進国を中心に約20億人が過食による肥満や生活習慣病を抱えている。この“飢餓”と“肥満”の不均衡を解決するために立ち上がったのがNPO 団体のTABLE FOR TWO(TFT)だ。

TFTの仕組みはシンプル。社員食堂や学食などで低カロリーのヘルシー料理を作ってもらい、その代金のうち20円を発展途上国の学校給食(1食20円)の支援に充てるというもの。

2007年に始まったTFTだが、この9年間で海外8カ国に4300万食の給食を提供した。この仕組みを導入する団体は年々増え続け、現在では650団体に。日本発の社会事業TFTの動きは今、世界に広がり始めている。

 

再放送:日経CNBC 2月4日(土) 午前11時00分~11時54分

報道特集「モスル奪還作戦」

Title:体感!グレートネイチャーSP「ヒマラヤ造山帯~世界最深・カリガンダキ河をゆく」
Series:TBS「報道特集」
Release Date:1月7日(土)午後5時30分~6時50分

Link: http://www.tbs.co.jp/houtoku/

 特集2【緊急報告!モスル奪還作戦】
各国でテロが相次ぐ中、イラクでは第二の都市モスルを過激派組織「イスラム国」から奪還する戦いが続く。解放された周辺の町、難民の苦境などを金平キャスターが報告。

ジン・ネットが制作協力しました。