2019.01.31 NHK WORLD JAPAN “RISING”「 空飛ぶ車で次世代に夢を託す!」 ~空飛ぶクルマ実現への挑戦!~ カーティベーター 代表 中村翼

1月31日 NHK WORLD JAPAN  “RISING” (英語によるインターネット放送)
「 空飛ぶ車で次世代に夢を託す!」 ~空飛ぶクルマ実現への挑戦!~ カーティベーター 代表 中村翼
Flying Cars: Next-Generation Vehicles, Now! – Personal Aviation Pioneer, Tsubasa Nakamura
SF映画やCGで描かれた“空飛ぶクルマ”。そんな近未来の乗り物を実現させる技術開発が世界中で活発になっている。
「2050年までに誰もが空を飛べる時代を創る」と挑む日本の若き技術者集団がいる。
2012年、代表の中村翼が呼びかけ、自動車や航空業界の若手エンジニアが集まり発足。
来年に迫った東京オリンピックの開会式で、空飛ぶクルマ「スカイドライブ」を飛ばし、聖火台の点火を目標にしている。
地上では自動車のように走行しCO2を排出しない。空中ではプロペラで時速100キロで飛び回る空飛ぶクルマだ。
番組では飛行実験に密着。はたして成功するのか?聖火台点灯への挑戦を伝える。

1月31日10時30分以降、以下のサイトで見られます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/20190131/2042078/

2019.01.13 NNNドキュメント「平成ニッポンを歩く 報道カメラマン80歳 日本縦断」

1月13日(日)深夜24時55分から日本テレビの「NNNドキュメント」で、報道カメラマンの石川文洋さんの日本縦断の旅(前編)が放送されます。

《シリーズ平成》 「平成ニッポンを歩く 報道カメラマン80歳 日本縦断」

ベトナム戦争など歴史的瞬間を取材してきた現役報道カメラマン石川文洋さん。

80歳になった2018年7月、新たな旅に出た。

日本最北端、北海道宗谷岬を出発、太平洋側を通り、沖縄那覇市まで徒歩で撮影しながら徒歩で縦断する。

老練カメラマンの眼に、平成最後の1年をきった日本はどう映るか。

石川さんの写真とエッセイを織り交ぜながら2回の放送に分けて、旅の全容を伝える。

今回は北海道から福島までの東日本編。
http://www.ntv.co.jp/document/

 

 

 

 

 

2018.12.9 Kids Meet the World “見えない不安”と向き合う! Fukushima Meets LaosーPart2

NHK WORLD “Kids Meet the World”(東京五輪に向けた英語放送の番組) 第8回
“見えない不安”と向き合う!Fukushima Meets Laos—Part2

ラオスに中学校の校舎を寄贈したり、東日本大震災後励ましのメッセージがラオスから贈られるなど親交を深めてきた福島県飯舘村とラオス。そして飯舘村は2020年のホストタウンとして、ラオスのアスリートを迎え、さらに交流を深めたいと考えている。しかし2011年の原発事故により飯舘村が放射能に汚染されたことに、ラオスの選手たちは懸念を抱いていた。そこで飯舘中学校の3年生は、“見えない不安”である放射能の実態を調べ始め、それを動画にまとめてラオスの選手たちに送った。こうした中、ラオスからスポーツ大臣が飯舘村に視察にやってくることに。果たして大臣の目に、飯舘村はどのように写るのか。

 

放送予定  2018年12月9日(日) 午前09:10-09:35 / 午後3:10-3:35 / 午後9:10-9:35
      2018年12月10日(月) 午前03:10-03:35
オンデマンドは12月10日から以下のサイトでご覧になれます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/kids/index_jp.html

2018.12.7 NHK山形 「鶴岡 新しい町をつくる ベンチャー起業家 山中大介」

「鶴岡 新しい町をつくる ベンチャー起業家 山中大介」

12月7日 夜 730分からNHK山形で放送されます。


鶴岡市の水田の中に、今年新たに世界的建築家の坂茂設計によるホテルと子育て施設が誕生、大きな話題となっている。これをつくったのが、ベンチャー起業家の山中大介、32歳だ。山中は、鶴岡市が進めるサイエンスパークに新たな町をつくろうと、家族と共に移住。完全地域主導を掲げて人材を集め、地元の企業からも資金協力を募っている。山中の町づくりの挑戦を追った。

2018.12.5 赤塚不二夫“生前葬”と3人の弔問客~立川談志 川内康範 野坂昭如

秘蔵映像 独占公開 

赤塚不二夫“生前葬”と3人の弔問客~立川談志 川内康範 野坂昭如

12月5日(水)23:00~およそ40分 TBS CS放送TBSNEWS「特選ドキュメンタリー」
以後12月の毎週水曜同時刻に再放送/ネット配信 TBSNEWSサイト(YouTubeTBSNEWS公式チャンネル)にて125日から19228日まで

 200882日に亡くなった“ギャグ漫画の王様”赤塚不二夫。没後10年目に当たる今年、未公開のある秘蔵ビデオが出てきた。約12時間にも及ぶその内容は、赤塚の友人たちが“弔問”に来て、葬儀の祭壇の前で、“幽霊”の赤塚と酒を酌み交わしながら対談するという奇想天外なもの。その弔問メンバーは、立川談志、川内康範、野坂昭如。みな故人となって今ではもう話を聞くことができない大物ばかりだ。

 ことの発端は、1998年、食道がんを患っていることを公表した赤塚に、「サンデー毎日」が「弔問対談」を依頼したこと。白装束の赤塚が表紙を飾った2000年の新年号から前代未聞の連載対談「これでいいのか」が始まった。今回見つかったのは、3人の弔問客と“幽霊”赤塚との対談を記録した映像。戦後無頼派の面々が、現代の私たちに残したメッセージとは・・・。

2018.11.25 Kids Meet the World ふるさとに生きる Fukushima Meets Laos—Part 1

NHK WORLD Kids Meet the World(東京五輪に向けた英語放送の番組) 7

ふるさとに生きる  Fukushima Meets LaosPart 1

 今回は、福島県飯舘村とラオスの中学生の交流を描く。飯館村は、2011年、震災による原発事故で、住民全員が放射線の危険から避難を余儀なくされた村。ここでは、6年かけて汚染土の除染が行われ、昨年3月、国の避難指示が解除。今年4月には、新しく飯館中学校がスタートした。そもそもこの中学では震災前からラオスと交流があったが、村がホストタウンになったことを機にさらに交流を深めようと、3年生の2人が、村を紹介するビデオの作成に取りかかる。復興しようという村の人たちの思いこそ村の自慢だという祖父たちからのアドバイスのもと、村に戻った人たちにインタビューを試み、ラオスのドンニャイ中学校へ送った。すると、心を動かされたラオスの子どもたちが返礼ビデオの題材に選んだのは、ラオスが50年以上も苦しめられているある深刻な問題だった。

明日から以下のサイトでご覧になれます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/kids/index_jp.html

2018.11.19 日本テレビ news every.16時特集「韓国の脱北者はいま・・・」

11月19日(月)日本テレビ  news every.16時特集(午後4時35分ごろから)
特集「韓国の脱北者はいま・・・」

《内容》
南北首脳会談は3回を数え、韓国はいま、かつてない融和ムードに包まれている。北朝鮮のイメージが良くなり、金正恩委員長を信頼できると考える人も急増している。韓国政府は、北朝鮮を刺激することを避けるため、脱北者の活動を規制しはじめた。
北朝鮮から命がけで逃れ、韓国にたどり着いた脱北者たちは3万人超。なかには、融和ムードに大きな違和感を持つ人もいる。彼らは、北朝鮮が簡単には変わらないことを身をもって知っているからだ。北朝鮮の変化を促す活動は、融和ムードのなか、継続が困難に。しかし、あるユニークな方法で、北朝鮮住民への働きかけを地道に続ける脱北者たちがいた。

 

2018.10.25 NHK WORLD JAPAN ”RISING” 研究都市とベンチャーが築く革新的な街づくり!ー 街づくりベンチャー企業 山中大介

NHK WORLD JAPAN “RISING” (インターネットでの英語放送)

研究都市とベンチャーが築く革新的な街づくり! 

街づくりベンチャー企業 山中大介(32歳)

The Future of Regional Revitalization

Community Planning Pioneer – Daisuke Yamanaka

以下のサイトで1025日(木)から2週間放送されます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/20181025/2042072/ 

 地方の産業衰退や人口減少などの問題を解決しようと、地域密着の街づくりベンチャー企業が注目を集めている。

 山形県鶴岡市が進める「サイエンスパーク」。国内外から数多くの研究者が移住し、サイエンスベンチャーの拠点になっている。

 このパークで異色の街づくりを推進するのが街づくりベンチャー企業だ。

 社長の山中大介も移住者の一人。山中は、行政主導ではスピードアップが望めないことから、民間主導の開発に乗り出した。

 わずか4年間で、子育て施設やビジネス客を取り込むホテルなど、地域を盛り上げる計画を矢継ぎ早に実行。

 自治体と企業、研究機関を巻き込んだ「完全地域主導」を掲げ、挑戦する山中に密着。

 地方の未来を切り開く‟成功の秘密”に迫る。

2018.8.26 Kids Meet the World 動画で世界とつながれ!“Miyagi Meets Palau Part2″

Kids Meet the World  動画で世界につながれ!Miyagi Meets Palau Part2

2020年東京五輪に向けた英語放送の番組Kids Meet the World

“世界中に友だちを作る”というミッションに子どもたちが挑戦します。

今回の舞台は、宮城県蔵王町とパラオ共和国。

宮城&パラオ part2

宮城県蔵王町に、パラオ共和国からケイシャ・トゥロプさんがやってきた。彼女はパラオ柔道の将来を担う期待の柔道選手だ。遠刈田小学校の子供たちは、ケイシャさんの柔道の稽古を取材する中で、「礼」や「作法」など、柔道の奥深さに初めて触れる。さらに、戦争中、日本人同様パラオの人々も被害にあったことを知った子供たちは、柔道の相手を敬う心を人々が持てれば、この世から戦争がなくなるのではと考えるようになる。

(蔵王町の北原尾(きたはらお)は戦後、パラオから移民してきた日本人たちが「北のパラオ」という意味をこめて名付けた地名。蔵王町とパラオ共和国の子どもたちの交流を描いた4月の放送の続編です)

Judoka Keiza Tulop travels from Palau to Zao in Miyagi Prefecture to train and pursue her Olympic dreams. The Togatta Elementary School students are introduced to judos philosophy and etiquette.


826日(日)からご覧になれます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/kids/2071006/

  • この番組の日本語版が東北地方で放送されます!
  • #5「宮城 × パラオ – Part 2」
  • 9月16日(日)午後1時05分〜1時30分<総合テレビ・東北地方向け>
  • 4月にNHK WORLD-Japanで放送されたPart1についても、東北地方で9月2日の午後1時05分〜1時30分に放送されます

2018.8.8 NHK WORLD JAPAN ”RISING” ビッグデータで路線バス再生ーイーグルバスCEO谷島 賢(やじま・まさる)

NHK WORLD JAPAN “RISING” (英語放送)

ビッグデータで路線バス再生~イーグルバスCEO谷島 賢(やじま・まさる)

Big Data Driving a Bus Revolution Public Transport Innovator– Masaru Yajima

以下のサイトで月9(木)16時30分より2週間放送されます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/

 およそ8割が赤字路線という日本の路線バスだが、それを再生させたのが、イーグルバスの谷島賢社長だ。バスにGPSと赤外線センサーを取り付けて運行状況や乗降客数などをデータ化し、それを分析して走らせる時間帯やルートを見直すことで運賃収入を増やした。この谷島の成功に今世界の赤字路線バス会社が注目。谷島は経営が悪化しているラオス人民民主主義共和国のバス公社に乗り込み、ビッグデータを駆使して、その再生に挑む。

Masaru Yajima runs a firm using big data and improved service to revive Japan’s declining regional bus routes. We follow a Japanese transport pioneer now taking its successful template overseas.

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/20180809/2042069/

再放送NHKBS1 : 8月27日(月)午前3:30~