2018.5.27 Kids Meet the World “カヌーで世界につながれ!”Tokyo Meets Slovakia”

2020年東京五輪に向けて、新番組Kids Meet the Worldが始まりました。
2020年、東京オリピック・パラリンピック。海外からやってくるゲストを迎えるため

世界中に友だちを作るというミッションに子どもたちが挑戦する。

世界とつながる方法として手にしたのは、カメラとマイク。

自ら動画を作り世界に発信していく。

毎月最後の日曜日、朝910分から放送です。

Kids Meet the World “カヌーで世界につながれ!”Tokyo Meets Slovakia

放送予定  

2018527  午前9:10-9:35 / 午後3:10-3:35 / 午後9:10-9:35

2018528  午前3:10-3:35

※海外向け番組のため英語放送になります

世界中に友だちを作るミッションに子どもたちが挑戦するこの番組。今回は、リオデジャネイロオリンピック、カヌー競技銅メダリストの羽根田卓也選手が、東京都青梅市とスロバキア共和国の子どもたちとの交流を橋渡しします。

ヨーロッパの中央に位置するスロバキアは、世界有数の人工カヌー場を有し、カヌースラローム競技で多くのオリンピックメダリストを輩出しています。羽根田選手は高校卒業後、スロバキアに移住し、現地に溶け込んで練習に励み、メダリストとなりました。母国日本とスロバキアの交流がもっと盛んになってほしい。番組では羽根田選手の願いを受けて、スロバキアからインターネット電話の回線をつなぎ、自身が練習を積んだ東京・青梅市御岳渓谷でカヌーを学ぶ子どもたちに、スロバキアでカヌー教室に通う子どもたちを紹介。これをきっかけに子どもたちの交流が始まります。これまで行ったことのなかった川を訪れたり、友だちの練習を眺めるだけだったカヌーに初挑戦してみたり。ビデオメッセージの制作をきっかけに、子どもたちがさまざまな挑戦を試みます。番組ホストの安藤桃子もカヌー初体験。子どもたちとともにカヌーの楽しさ、五輪開催地・東京の新たな魅力を発信します。

動画を通して、今、新しい友達作りが始まります!

2018.5.10 NHK WORLD “RISING” 障がい者陸上競技を技術で支える−競技用車いすエンジニア 小澤徹

Title: Chariots of Gold- Sports Wheelchair Engineer  Toru Ozawa
Series: NHK World “RISING”
Release Date: 2018年5月10日
Link: 
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/20180510/2042064/

 

以下のサイトで5月10日(木)から2週間放送されます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/

放送 5月10日(木)10:30 – 11:00 16:30 – 17:00 19:30 – 20:00 4:30 − 5:00

再放送は、BS1で5月28日午前3時半から

東京パラリンピック車いす陸上で、金メダルの鍵を握る男がいる。千葉県の町工場、ОXエンジニアリングの技術者、小澤徹(48)だ。小澤の作る競技用車いすは、世界中のトップパラ選手から信頼され、ОX全体で122個のメダルを獲得した実績を誇る。リオ・パラリンピックでは、日本選手の7割が小澤の車いすを使用した。車いすは、完全オーダーメード。選手一人一人の体格や障がいの状態に合わせ、1ミリ、1グラム単位の調整を行い製造する。2年後に迫る東京を見据えた小澤の活動に密着。「金メダルを支える」車いすの秘密に迫る。

2018.4.29 Kids Meet the World 動画で世界につながれ!“Miyagi Meets Palau”

NHK WORLD-Japan 新番組が始まりました。英語放送で世界各国で視聴されます。

Kids Meet the World 動画で世界につながれ!Miyagi Meets Palau
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/kids/
429日    午前9:10-9:35 / 午後3:10-3:35 / 午後9:10-9:35
430日    午前3:10-3:35
NHK WORLD HPからも4/30からご覧になれます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/

今回の舞台は、宮城県蔵王町とパラオ共和国。

蔵王町は、パラオ共和国のオリンピック選手の事前合宿などを「ホストタウン」として受け入れることになっています。
「なぜ雪国の蔵王町が、南国のパラオのホストタウンに?」
そのナゾを探るため、蔵王町立遠刈田小学校の生徒、蘇武陽和さん、天野心緒さん、伴沙里奈さんが取材を開始!

彼女たちが向かった先は、町内にある「北原尾」という地域でした。
「北原尾」という地名の由来を調べていく中で、戦争に翻弄された複雑な歴史を知るようになります。
一方、彼女たちが作った動画を見たパラオの子どもたちは、それをきっかけにこれまで関心が薄かった日本人について、もっと深く知りたいと思うようになります。

2018.4.5 NHK WORLG “RISING” ルワンダの落雷に日本の技術で立ち向かう-吉田 厚

 

Title:Bringing Lightning Protection to Rwanda–Atsushi Yoshida
Series: NHK World “RISING”
Release Date: 2018年4月5日
Link:
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/20180405/2042062/

Bringing Lightning Protection to Rwanda-YOSHIDA ATSUSHI

以下のサイトで4月5日(木)から2週間放送されます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/

放送 4月5日(木)10:30 – 11:00 16:30 – 17:00 19:30 – 20:00

再放送は、BS1で4月23日午前3時半から

音羽電機工業は創業70年余。雷対策の高い技術で国内の高圧用避雷器の70%のシェアを持つ。東京スカイツリーや新幹線の車両、清水寺などの文化財から電柱、家庭用まで様々な避雷器で、落雷から人命とインフラを守っている。
世界最大級の実験施設で雷の研究を進めている。3代目の吉田厚(42歳)は、世界有数の雷多発国のルワンダに、雷対策を進めるプロジェクトリーダーだ。
ルワンダは国土の大半が高地にあり、山に当たった上昇気流によって積乱雲が発達、雷が発生しやすい。被害は、毎年100人以上もの負傷者に加え、建物の火災やパソコン、通信機器の故障も頻発し深刻な問題になっている。
吉田と技術者は、雷の現地調査や避雷器の設置、ルワンダ人技術者の育成を行う。
落雷で苦しむルワンダ人を救う技術者の活動を紹介する。

 

 

2018.3.27 日本テレビnews every「夜間中学を知っていますかーある不登校生徒の旅立ち」

Title:特集「夜間中学を知っていますか―ある不登校生徒の旅立ち」
Series:NTV news every
Release Date:2018年3月27日(火)18時15分ごろから
Link:

 戦後の混乱期、経済的理由などで昼間通学できない人が学んだ夜間中学。もう役割を終えたかと思われた夜間中学だが、いま文科省はその大増設の号令をかけている。
 在日コリアン、中国からの引き揚げ者、インドシナ難民なども学び、生徒の顔ぶれが時代を反映する夜間中学。そこに不登校の生徒を受け入れるという新たなニーズが出てきたのだ。
 ある不登校生徒の卒業までの4カ月を見つめた。 

放送は関東ローカルで東京および関東6県のみの放送になります。なお、急な変更がありえますので、ご了解ください。

2018.3.7 TBS NEWS23特集「難病の教頭先生を卒業式に!」

Title:難病の教頭先生を卒業式に!
Series:TBS NEWS23
Release Date:2018年3月7日(水)よる11時
Link:

広島のある高校で、教頭先生が難病に罹ってベッドから動けず、卒業式に出席できなくなってしまった。どうしても、教頭先生に自分たちの卒業の姿を見てもらい、そして感謝の言葉を伝えたい・・・

そう願う高校生たちが頼ったのは、東京にあるロボットを開発しているベンチャー企業の代表。彼が開発した「分身ロボット」を使えば、不可能と思っていた教頭先生の卒業式への“列席”が可能になるのではないか・・・

卒業式まで残り2カ月間。生徒たちと教頭先生、そしてロボット開発者が協力して、  “奇跡”を起こそうとする取り組みに密着した。

見逃した方は、以下のサイトで見られます。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180308-00000003-jnn-soci

 

2018.3.4 NHK DokiDoki!ワールドTV「革新的なアイデアをもって活躍!」

Title:「革新的なアイデアをもって活躍!」
Series: NHKWORLD広報番組 『DokiDokiワールドTV』
Release Date:2018年3月4日(月)よる10時40分~10時50分
Link: http://www4.nhk.or.jp/P3739/

去年12月NHKワールドTV『RISING(ライジング)』で放送した遠藤謙さんの義足開発をNHK総合でダイジェスト放送します。

 

 約160の国と地域にむけて放送しているテレビ国際放送・NHKワールドTV『RISING(ライジング)』から2人の人物に注目。1人は義足界の革命児・遠藤謙さん。東京パラリンピックに向け、アメリカのトップアスリートと最先端の義足開発に挑む。もう1人は、観光地の施設や公共交通機関のバリアフリー化に向けたコンサルティングを行う垣内俊哉さん。「日本をユニバーサルデザインの先進国にしたい」と奮闘中だ。

 

 

 

2018.2.4  情熱大陸「バナナペーパーデザイナー 山勢拓弥」

Title:バナナペーパーデザイナー山勢拓弥~カンボジアのごみ山で働く子供たちに夢を…24歳日本人青年が始めた“バナナペーパー”事業って!?
Series:毎日放送「情熱大陸」
Release Date:2018年2月4日(日)よる11時~11時30分
Link: http://www.mbs.jp/jounetsu/

世界遺産のアンコールワットで知られるカンボジアのシェムリアップ。毎年、多くの観光客が訪れる一大都市だが、中心地からほど近い小さな村に巨大なごみ山が存在しているのをご存じだろうか?ごみ焼却施設の無いカンボジアでは、毎日シェムリアップから出るごみがこの村に廃棄される。村人たちの中には集めたビンや缶を売って生計を立てる人も多く、割れたガラスや注射針など危険物が散乱し悪臭漂う劣悪な環境の中、幼い子供たちも親と共にごみを集めているのが現状だ。

19歳の時に旅行で偶然この村を訪れた山勢拓弥は、その光景に強い衝撃を受け「子供たちがごみ山で働かなくて良いシステムを作りたい」と5年前に村人たちの雇用創成と生活水準の向上を目的とした団体を設立。現地に自生するバナナの木の繊維から紙を作る“バナナペーパー”事業と、授業料無料の日本語学校を運営し現地で奮闘を続けている。

番組では、異国の地で驚くようなスピードと行動力で次々とニッチなアイディアを実現し、理想と現実のギャップにもがきながらも、現地の人たちを巻き込んで貧困という社会問題に真正面から挑む24歳の姿を追った。

2018.1.6 TBS報道特集「「イスラム国」と戦ったクルドは今」

 

Title:「イスラム国」と戦ったクルドは今
Series: TBS報道特集
Release Date: 1月6日(土)18:30pm
Link: http://www.tbs.co.jp/houtoku/

TBS「報道特集」(午後5時30分から)で放送。

去年、過激派組織「イスラム国」の拠点だったイラクのモスルとシリアのラッカが相次いで陥落した。「イスラム国」との最前線で戦ったクルド人勢力だが、民族の悲願である独立への道は開けず、厳しい状況にある。戦いの果てに何が起きているのか・・。

金平キャスターが、イラク、シリア両国に入りリポートした。

 

 

2017.12.21 NHK World”Rising” 目指すは世界最速の義足の開発~東京パラリンピックへの挑戦~   Xiborg社長 遠藤謙 

Title:Aiming for Gold with Prosthetics
~Prosthetic Leg Engineer – Ken Endo
Series: NHK World”Rising”
Release Date: 12月21日(木) 10:30am
Link: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/rising/201712140600/

目指すのは世界最速、最先端技術を搭載した競技用義足。そして東京パラリンピックでの金メダルだ!開発を手掛けるのは、遠藤謙39歳。遠藤は、米国マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。さらに世界で最も歴史ある技術専門誌「Technology Review 」が選ぶ『世界的イノベーター35人』に選出されたトップエンジニアだ。遠藤は今、トップ・パラアスリートと共に世界最速を目指している。さらに、世界初となる「義足の図書館」を作り、障がい者が気軽に“走る喜び”を楽しめる活動も行っている。様々な形で「障がい」という意識をなくしたいと願う遠藤。その義足開発に密着。近づく東京パラリンピックへの鼓動を伝える。