オルティンドー NHK総合 シリーズ世界遺産100

オルティンドー
 NHK総合 シリーズ世界遺産100  
 2014/11/22 11:25~30

モンゴルの伝統的な民謡「オルティンドー」声を長く伸ばして、のどを振るわせる独特の 歌唱法で歌われる。2千年前から歌い継がれてきたというオルティンドー。その始まりは、家畜に語りかける歌 だったと言われる。その歌は、動物と人の心をつないでくれると、遊牧民たちは信じている。

モンゴル書道 NHK総合 シリーズ世界遺産100

モンゴル書道
 NHK総合 シリーズ世界遺産100  
 2014/11/19 22:45~50

母音や子音など33文字で構成されるモンゴル文字を書くモンゴル 書道。春を意味する単語を、春を告げる鶴の姿に似せて書くなど絵画のような芸術性が特徴だ。ソ連が使っていたキリル文字を使うことを 決定して以来、モンゴル書道も途絶えてしまったが、社会主義体制の崩壊でモンゴル文字が復活。モンゴル書道が学校などでも盛んに教えられている。

ビエルゲー モンゴルの伝統舞踊 NHK総合 シリーズ世界遺産100

ビエルゲー モンゴルの伝統舞踊 
 NHK総合 シリーズ世界遺産100  
 2014/11/15 11:25~30 

モンゴル西部に住む様々な少数民族の人々が 踊るビエルゲーは、モンゴルの伝統舞踊です。ビエルゲーとは、「具体的に表す」という意味。農業の仕方や、馬の乗りこなし方、縫い物の 仕方などを踊りに表現し、労働、家事、習慣など暮らしの知恵を伝えてきました。
6月、ホトン族の祭り当日、モンゴル各地から500人もの人々が村に戻って来まし た。みな民族衣装に身を包んで、一斉にビエルゲーを踊ります。彼女たちは故郷を追われても、ビエルゲーを踊り続けることで民族の心を伝え てきたのです。

ゲル製作の伝統技術と関連する慣習 NHK総合 シリーズ世界遺産100

 ゲル製作の伝統技術と関連する慣習 
 NHK総合 シリーズ世界遺産100  
 2014/11/12 22:45~50  

モンゴルの草原に建つ白いドームは、遊牧民 の住居「ゲル」。遊牧民のほとんどは家畜に食べさせる草を求めて、今なお季節ごとに移動するため、可動式のテント「ゲル」に住んでいま す。
遊牧民のエルデネバータル・チンバトさんが新築することにしたゲルの製作過程や関連す る慣習を紹介します。

アルタイ山脈の岩絵群 NHK総合 シリーズ世界遺産100

 アルタイ山脈の岩絵群 
 NHK総合 シリーズ世界遺産100  
 2014/11/08 11:25~30  

モンゴルの西部を南北に走るアルタイ山脈。 その山々の長さ20km、幅600mの範囲にある岩には、4万年以上前から6世紀にかけて、岩を削って描いた1万5,000点以上の絵が 残されています。
最も古い岩絵は、4万年以上前に描かれたマンモスの絵。岩絵を年 代順に辿っていくと、モンゴル高原に生きた人々の文明が、どのように発展していったのかが分かるといいます。

ガイアの夜明け 「ニッポンの“宝の山”を活かす!」

ニッポンの“宝の山”を活かす! 
 テレビ東京系列 日経スペシャル ガイアの夜明け  
 2014/11/4 22:00~22:54  

日本は 国土の約7割を森林が占める森林大国。林業は、戦後復興期に木材の需要が急増し、活況を呈した。その後、伐採された山林には人工林が新た に植樹されていく。
しかし昭和30年代以降、国産材は低価格の輸入木材に押され、本来な ら大量の人工林が伐り時を迎 えた現在も、8割を輸入に頼るという〝いびつ〟な状態が続いてきた。
そして今、円安に加え高品質の日本の木材が見直され、中国・韓国・台 湾などアジアでの需要が上昇。輸出は去年の2.4倍に上るという、新しい時代に突入している。ニッポン林業は復活を遂げるのか…その 価値を再発見する新しい動きが始まった。

「どうなる拉致問題~金賢姫・元工作員 に聞く」 Mrサンデー

どうなる拉致問題~金賢姫・元工作員 に聞く
フジテレビ系列 Mr.サンデー  
 2014/10/26 

政府は、北朝鮮の特別調査委員会による日本人拉致被害者らの再調査の現状を確認する代表団を、今月27~30日に平壌に派遣する
ことを決めた。慎重論も出る中、代表団派遣が何をもたらすのか、注目されている。
こうしたなか、Mrサンデーは、北朝鮮工作機関の内情を知る人物に接触、拉致問題 の真相を聞いた。その人物とは金賢姫。1987年、北朝鮮工作員として大韓航 空機を爆破した実行犯だ。彼女の教官は田口八重子さん、そして彼女の同僚工作員は横田めぐみさんだった。金賢姫は拉致問題の解決をど う見ているのか。
ジン・ネットは、このコーナーの取材、調査に協力しました。ぜひ、ご覧ください。

ドキュメンタリーWAVE 「激増する不法入国の子供たち~揺れ動く米国移民政策の陰で~」

激増する不法入国の子供たち~揺れ動く米国移民政策の陰で~
NHK-BS1「ドキュメンタリーWAVE」
 2014/10/11 22:00

アメリカとメキシコの国境地帯で異変が起きている。毎日数百人、年間5万人以上の“子供”たちがアメリカへ密入国しようと殺到しているのだ。貧困や治安悪化が深刻化するホンジュラスやグアテマラなどから、安全と仕事を求め国境を目指す子供たち。そこに拍車をかけたのが、一定の条件で不法移民の市民権も認めるという、オバマ大統領の寛容な移民政策だ。しかし、多くの子供たちが国境の川を渡る途中で命を落とし、米国側の町は収容施設も予算もパンク状態。市民の中には、不法入国者をすぐさま強制送還すべきだと主張する声も強い。11月に行われる中間選挙の最大の焦点の一つに浮上した移民問題。番組では、メキシコ側とアメリカ側の街の双方にカメラを据え、揺れ動くアメリカの移民政策に翻弄される人々を見つめる。

「横田夫妻37年の闘いとモンゴルでの5日間」 Mrサンデー


フジテレビ系列 Mr.サンデー  
 2014/10/5

今年3月、横田めぐみさんの両親、滋さんと早紀江さんは、モンゴルで、 孫娘、ウンギョンさんとの劇的な面会を果たした。初めて会うウンギョンさんは夫と10ヶ月の娘も連れてきており、家族水入らずでの交流が実現した。
この面会がきっかけとなって、拉致再 調査に向けた日朝協議が再開され、拉致問題解決の期待が高まる。だが先月、北朝鮮側は「具体的な調査結果を報告できる段階にはない」と説明してきた。先が見えない状況のなか、今も、めぐみさんと多く の拉致被害者の救出にむけて闘いつづける横田滋さん、早紀江さん。
夫妻が歩んできた苦悩と勇気の人生と、モンゴルでの感動の日々を独自取材で再現する。

「緊急報告!日本人ジャーナリストが見た“イスラム国”」 Mr.サンデー

緊急報告!日本人ジャーナリストが見た“イスラム国”
フジテレビ系列 Mr.サンデー  
 2014/09/14

ジャーナリスト常岡浩介氏が、激しい内 戦が戦われているシリアに潜入、いま注目の「イスラム国」の拠点を直撃取材した。緊迫の国境越え、アサド政権軍の空爆を体験、さらには政府軍 攻撃に向かうイスラム国部隊にも同行し最前線を撮影した。世界が恐れる謎の集団「イスラム国」の驚きの実態とは。そして、日本人人質、湯川遥菜さんの消息は?