「路上に暮らす子どもたち-ネパールのストリートチルドレン-」 きょうの出来事


日本テレビ系列  きょうの出来事

 2000/10/04

ヒマラヤ山脈の懐ネパール。今この国では、30万人ちかい子どもたちが違法の児童労働に従事している。「口減らし、年季奉公」といった言葉が今も現実としてあるネパールでは、安価で文句を言わない子どもたちが無権利状態で使われている。仕事場で虐待され、あるいは長時間労働や劣悪な衛生状態のため病気になって保護される子どもが後を絶たない。行き場を失った子どもたちの中には路上で暮らすようになる者もいる。首都カトマンドゥのストリート・チルドレンに密着して彼らの実態を追った。