「日本人妻帰国!その一部始終完全密着-悲痛な叫び、領事館による保護、そして帰国まで-」 ニュースプラス1

Title:  「日本人妻帰国!その一部始終完全密着-悲痛な叫び、領事館による保護、そして帰国まで-」

Series: 日本テレビ系列  ニュースプラス1

Release Date: 2003/03/31.04/01

はじまりは中国からジン・ネットへかかってきた一本の電話だった。
「私は小沢弓子(仮名)と言います。日本人です。朝鮮人と結婚して北朝鮮に来ました。いま中国にいます」。
今年の冬、娘と厳冬の国境の川を超えてきた彼女は、電話口で、何とかして日本に帰りたいと訴えた。
この一本の電話から、私たちの取材は開始され、彼女と娘の帰国に向けての動きも始まった。
日本のNGO「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」(略称、「守る会」)とともに、中国にいる日本人妻の意思確認、日本の親族からの事情聴取、外務省との交渉など、この母娘が日本の領事館に保護され、日本へ帰国するまでを完全密着した記録である。

「アラブはなぜ“反米”なのか-イラク攻撃緊急特集!第2弾-」 サンデープロジェクト

Title: 「アラブはなぜ“反米”なのか-イラク攻撃緊急特集!第2弾-」 

Series: テレビ朝日系列  サンデープロジェクト

Release Date: 2003/03/30

アラブ世界で噴き出した「反米」の声。イラクがアラブ国家だというだけではなく、反米には重大な背景が二つある。一つはパレスチナ問題をめぐるダブルスタンダード(二重基準)。「イラクは安保理決議を無視してきた」とブッシュは言うが、イスラエルは占領地からの撤退を決めた安保理決議を36年間無視し続けている。アメリカはそのイスラエルを一貫して支援しているのだ。反米をいっそう煽っているのが、アメリカ新保守派とイスラエル右派の唱える「中東の再編」構想だ。イスラエルを中心にして中東全体の「民主化」を目指すと言う。この価値観の押し付けともいえる政策に対し、イスラム原理主義勢力はキリスト教徒とイスラム教徒との「大きな戦争」が起きると警告する。

「東ローマ帝国-繁栄と滅亡~皇帝たちの軌跡~-第1話~第5話」 BSi(TBS系BS放送)

Title:  「東ローマ帝国-繁栄と滅亡~皇帝たちの軌跡~-第1話~第5話」

Series: BSi(TBS系BS放送)

Release Date: 2003/03/19~23

ローマ帝国が東西に分裂したあとも、約1000年にわたる歴史を刻んだ、東ローマ帝国。大きな時代のうねりにのまれながらも、体制を維持しつづけた巨大王国の繁栄と滅亡の歴史を追うために、トルコ、イタリア、ウクライナなど計9ヵ国を取材。「千年という歴史を持ちながら、意外に知られていないこの帝国の姿を伝えるために、綿密な取材が必要でした」(飯塚裕之D・TBSビジョン)との言葉どおり、5夜連続でさまざま角度から帝国の歴史に迫る。
何十代にもわたる「皇帝の目線」がひとつの番組コンセプトとなっているが、ハイビジョンで撮影されたハギア・ソフィア聖堂やこの時代を代表する建造物、貴重なタイル画などからも、当時の息吹を感じることができる。
これらの取材映像に加え、夏木マリのひとり語り、そして一橋大学助教授大月康弘氏の解説で東ローマの姿が浮き彫りになる。
1・2・4話=TBSビジョン / 3話=テレコムスタッフ / 5話=ジン・ネット

「アメリカの反戦運動を情報操作がつぶす-戦争とプロパガンダの歴史-」 サンデープロジェクト

Title:  「アメリカの反戦運動を情報操作がつぶす-戦争とプロパガンダの歴史-」  サンデープロジェクト

Series:テレビ朝日系列  サンデープロジェクト

Release Date: 2003/03/09

今、アメリカ国内で激しい反戦の世論が巻き起こっている。軍人、外交官、ベテランジャーナリスト。そして、「9.11」同時多発テロの犠牲者の家族たち。反戦の声の高まりが、イラク攻撃の動きを踏み止まらせることができるのか?
しかし、多くの専門家が、一旦戦争が始まれば、国民は戦争を遂行する政府を支持すると見る。
その裏には、ベトナム、グレナダ、パナマ、そして湾岸戦争と、アメリカ政府が築き上げてきた完成された情報操作のシステムがあった。遂に戦争広告代理店のトップが禁断の手の内を語り始めた。
アメリカの情報操作の裏側を徹底取材。国民を欺き、戦争へとひた走る、闇の巨大システムの全貌を明らかにする。

「蔓延する高級ブランド偽造品-あの激安店、偽造ブランド品との戦い-」 真相報道バンキシャ

Title:  「蔓延する高級ブランド偽造品-あの激安店、偽造ブランド品との戦い-」

Series: 日本テレビ系列  真相報道バンキシャ

Release Date: 2003/03/02

日本国内に流入する精巧な高級ブランド偽造品。高級、一流と見られる店でさえ堂々と偽造品が売られている。専門家が見ても真正品と見分けがつかない「究極の偽造ブランド品」まであらわれた。
偽造品と真正品の判別法を明らかにすると偽造品製造者はたちまち、より精巧な偽造品を作り出してくるという。高級ブランド偽造品と戦う最前線を追った。