「-世界同時不況-ものづくり中小企業の苦闘」 サンデープロジェクト


日本テレビ「サンデープロジェクト」
 2009/03/22

「100年に一度」と言われる未曾有の不況が、世界中を襲っている。外需依存型だった日本経済は、その波をもろに被り、リーマンショック以降の企業倒産6746件、そのうち9%は中小零細企業だ。
我々は生き残りを賭けて苦闘する、二つの地域の中小企業に密着した。
岡山、水島コンビナート。倉敷市の5人に一人は三菱関連で生計を立てていると言われる「三菱城下町」だ。「リコール隠し」の打撃から立ち直りつつあった、三菱の下請け企業を再び襲った”大津波”に、私財を投げ打ってでも全従業員の雇用を守る経営者がいた。
新潟、燕三条。円高不況、平成大不況、幾多の困難を乗り越え、もはや削る所などない・・・。金属加工会社経営者の苦渋の決断と苦悩。そして、この未曾有の危機にライバル心旺盛な三条、燕の二つの市も、ついに共闘に乗り出した。一方、「こんな時だからこそ」と攻めに転じる中小企業も現れた・・・その意外な戦略とは。
「ものづくり立国」日本の中小企業が、世界同時不況に立ち向かう姿を追った。

「介護と仕事は両立できるか-急増する介護離職-」 サンデープロジェクト


日本テレビ「サンデープロジェクト」
 2009/03/15

介護が原因で仕事をやめる「介護離職」が急増している。その数は全国で14万人超。昼夜をとわない介護の負担、そして膨らむ介護費用が家計を圧迫する。国の介護支援制度は救いとなるのか、疑問が投げかけられるなか、独自に社員の介護支援に乗り出す企業も現れた。急激な高齢化が進む日本。介護と仕事の狭間で苦闘する人々の現実を追った。
スタジオ解説はジン・ネットの望月健

「激動!世紀の大事件-証言者たちが明かす全真相」 フジテレビ開局50周年開局特別企画

激動!世紀の大事件-証言者たちが明かす全真相
 フジテレビ系列  フジテレビ開局50周年開局特別企画
 2009/03/01 

1985年夏、羽田発大阪行きの日航機123便が御巣鷹山の尾根に墜落。わが国の航空史上、未曾有の大惨事だった。機体は粉々で、ちぎれた人の体が散乱する凄惨な現場。乗客524名は全員絶望かと思われた。そのとき、「現場に生存者がいました」といち早く救出の模様を生中継で報じたのがフジテレビだった。このスクープはいかにして可能になったのか、当事者の証言で当時をたどった。
(ジン・ネットは「日航機123便事故、現場中継の真相」のコーナーを制作協力しています。番組のサイトは、http://wwwz.fujitv.co.jp/news50/index.html)