「渦中のイランⅵ 保守強硬派vs改革派-大統領選“革命前夜”は本当か-」


日本テレビ「サンデープロジェクト」
 2009/06/21 

大統領選の結果は現職アフマディネジャドの圧勝。だがこれは騒乱の幕開けだった。連日、選挙不正を訴える大群衆が首都中心部に集まり、多数の死傷者を出す異例の事態となっている。こうした大規模抗議行動は、79年のイラン革命以来30年ぶり。この背景は何か、イランはどこへ向かうのかを緊急追跡した。そして注目は関係改善をめざす米国オバマ政権の出方だ。イラン・米国の歴史を振り返り両国の間に突き刺さる「トゲ」とは何か、歴史の深層をさぐる。
スタジオ解説はジン・ネットの高世仁。

「快走…自転車の新時代-“エコ・節約・電動”で復活-」 ガイアの夜明け

快走…自転車の新時代-“エコ・節約・電動”で復活-
テレビ東京「ガイアの夜明け」
 2009/06/09 22:00
Link: http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia

消費不況が深刻になる中、軽快に疾走しているものがある。とっくに成熟市場と思われていた自転車市場が、いま拡大しているのだ。1998年から縮小し続けていた自転車市場は、2007年に10年ぶりに拡大に転換。2008年にはさらに伸びが加速し、前年比21%増の735億円を記録した。世界的な金融危機のあおりを受け、自動車やオートバイ市場が急減速するのとは全く逆の動きを見せている。この背景には、ガソリンの高騰や、環境や健康への関心の高まり、それに技術の革新などがある。時代の追い風を受け、疾走する自転車、大復活の最前線で台頭する新たな動きを追う。

「渦中のイランⅴ 決戦!大統領選挙-アメリカが恐れる男の“死角”-」


日本テレビ「サンデープロジェクト」
 2009/06/07 

イラン大統領選の投票日が12日に迫った。ブッシュ時代「悪の枢軸」と呼ばれ、北朝鮮との核・ミサイル開発協力などの疑惑が付きまとうイラン。立候補した4人のうち最有力なのは過激な言動や対米強硬派で知られる現職のアフマディネジャド大統領だ。現職が有利とされるなか、一人の候補が急激な追い上げを見せている。過去4回にわたりイランを追い続けてきた取材班が、今後の中東とアメリカの動向に大きな影響を与える大統領選を緊急現地取材、独走追跡する。
スタジオ解説はジン・ネットの高世仁。