「助産院で赤ちゃんを産むということ」 情報エンタメLIVEジャーナる!

助産院で赤ちゃんを産むということ
フジテレビ系列  情報エンタメLIVEジャーナる!
 2010/02/21 

「産みたくとも産む場所がない」。出産危機が叫ばれるなか、助産師にもっと活躍の場を与えようという声がある。かつて赤ちゃんを取上げるのは「産婆さん」と呼ばれる助産師だったが、戦後、GHQが持ち込んだ医療的な管理出産の広がりで急速に廃れ、いま助産院で産まれる赤ちゃんはわずか1%。自然なお産で人気の矢島助産院では、産婦自らが赤ちゃんを取上げるお産が行われていた。助産院の可能性を考える。