「違法闇金業者と戦う男たち-多重債務者の駆け込み寺-」 スーパーJチャンネル

Title:違法闇金業者と戦う男たち-多重債務者の駆け込み寺-

Series: テレビ朝日「スーパーJチャンネル」

Release Date: 2001/04/30

トイチ、トニ、トサンと呼ばれる利息がある。10日で1割、2割、3割ということですが、年利にすると、トサンでなんと1095%というべらぼうな利息になる。
銀行の貸し渋りの中、手形の期日に追われ闇金にまで手を出してしまう中小企業経営者。
多重債務者となった彼らが駆けこむ駆け込み寺、池袋の「ひまわり道場」に密着した。
多重債務者のもとへは、不思議なことに、返済日が近づくと融資の誘いの電話がたくさんかかってきた。なぜ、闇金はお金に困っている人が判るのか。業者間に債務者名簿が出回り、獲物に一斉に群がるのだ。
道場は、法律を武器に、債務者と一緒に商工ローンやサラ金、闇金と闘っている。多重債務に陥るからくりと闇金の実態、自己破産を避けるために必死に闘う多重債務者の姿を追う。

「介護 家族介護の限界」 特番ACTION


日本テレビ系列  特番ACTION
 2010/04/29 

東京・大田区の中山美智子さん(65)の朝は、寝たきりの母親のフミさん(92)の介護で始まる。食事から下の世話まで生活のすべてを看ている。美智子さんは55歳の時、母親が認知症となり退職せざるを得なかった。その後、父の藤蔵さん(96)も認知症を発症。美智子さんは、介護が必要な親二人を抱え、肉体的にも精神的にも限界だ。  フミさんを特養(特別養護老人ホーム)に入居させたいと5年前から申し込んでいるが入れるめどは立たない。特養への入居を待つ人は全国で42万人にのぼる。介護保険が始まって10年。家族は、いまだ介護の重圧の下にある。(介護特集は、特番放送枠の最初の方です)

「介護 家族にのしかかる負担-ACTION特集-」 NEWS ZERO


日本テレビ「ニュースZERO」
 2010/04/26 23:00

京都に住む富田秀信さん(59)は若年性認知症の妻、千代野さんを介護しながら旅行会社に勤務している。千代野さんは、最も手厚い介護が受けられる要介護5。しかし富田さんは5時間勤務にしてもらっても、なお介護と仕事の両立が困難だという。 2000年に始まった介護保険は、家族を介護の重荷から解放するのが狙いだった。それから十年。今も家族は悲鳴をあげ続けている。家族の介護を理由に仕事を辞める人は年々増え2007年には14万人を突破した。家族の介護の現場にカメラが密着した。