「滋賀県東近江市 琵琶湖給食」 食べてニッコリ ふるさと給食

Title: 滋賀県東近江市 琵琶湖給食
Series: NHK BSプレミアム  食べてニッコリふるさと給食
Release Date:2011/06/23

東近江市では毎年春、小学生が“うみのこ号”と呼ばれる学習船に乗り、琵琶湖について学ぶフローティング・スクールが行われている。子どもたちはまず、人間の持ち込んだ外来魚・ブラックバスが琵琶湖の在来魚であるアユなどを食べてしまい生態系を見だしていることを学習。さらに、生活排水の流入によって異常発生すると水質の悪化につながるプランクトンなどを観察する。琵琶湖の環境を巡る問題を学んだ後。琵琶湖産のビワマス、アユ、シジミなどの給食を船上で頂く。子供たちは琵琶湖の自然を守ることの大切さを学び、そのために何が出来るかを、みんなで考えていく。
再放送:6月23日 11:40-11:50

「チェルノブイリ-“フクシマ”への教訓」 朝日ニュースター

Title: チェルノブイリ-“フクシマ”への教訓
Series: 朝日ニュースター  チェルノブイリ特番
Release Date:2011/06/23

朝日ニュースター(CS放送)が、インターネットを通じて公開しているジン・ネット制作の番組、「チェルノブイリ-“フクシマ”への教訓」を55分にまとめたものをCMなしで、緊急放送します。
(翌日から5回再放送されます)

「東京都檜原村 のらぼう菜給食」 食べてニッコリ ふるさと給食

Title: 東京都檜原村 のらぼう菜給食
Series: NHK BSプレミアム  食べてニッコリふるさと給食
Release Date:2011/06/22

自然豊かな東京・檜原(ひのはら)村。春になると「野良にボウボウ生える」ことから「のらぼう菜」と呼ばれるという、なばなに似た野菜が旬を迎える。地元の小学校では、給食で出る生ごみで堆肥を作り、学校の畑で「のらぼう菜」を育てて、環境教育の教材にしている。給食などの生ゴミは、通常なら車で焼却場に運ばれ、重油を加えて燃やされる。それを堆肥にするれば、車のガソリンも重油も燃やすことはなく、大幅な二酸化炭素の削減につながることを、子供たちは学んでいく。その土地でとれた食べ物を、その土地で食べることは、環境にとっても良い事だと知った子どもたちは、給食で、旬の「のらぼう菜」をいただく。
再放送:6月22日 11:30-11:40/18:20-18:30

ガイアの夜明け 「一生暮らす家-震災・定年…どうする我が家」

一生暮らす家-震災・定年…どうする我が家
テレビ東京「ガイアの夜明け」
 2011/06/07 22:00
Link: http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia

震災後、「自分の家で、安心して暮らすことが出来るのか…」と心配する人が多い。それは、被災地だけに限ったことではない。マイホームの耐震診断を行う各地方自治体の相談センターを訪れる家族が急増している。気を付けるべき事は、どんなところなのか?「住み慣れた住まいで一生暮らしたい…」というのは誰しもの願いだが、それを実現するポイントは、耐震強度のほかにもあるという。”定年前リフォーム”を提唱、実践する現場を長期密着取材した。また、老若男女が集う”コミュニティ復興”を目指して始まった団地再生プロジェクトも追った。

「高校生ボランティア-櫻井キャスターの《イチメン!》」 NEWS ZERO


日本テレビ「ニュースZERO」
 2011/06/06 23:00

宮城県・東松島市で、神戸市からやって来た高校生たちがボランティア活動をしている。兵庫県舞子高校には、全国で唯一、防災専門学科がある。生徒たちは、廃校となった小学校の体育館で、引率の先生とともに自己完結の生活をしながら、民家の片付けや泥出しなどのボランティアを続けている。災害の現場での作業と被災者との交流から、彼らが得たものとは何か。
櫻井キャスターが、16年前の阪神・淡路大震災の前後に生まれた高校生たちと、みずから一緒に活動し、彼らが感じたことを聞いた。